dining Urara - ダイニング ウララ

078-251-0152 - 日曜・祝日 閉店もしくは移転しました。
神戸'Sスタンダード

密かなグルメ密集地帯として人気の通りに軒を並べるdining Urara。オープンから1年、最初は「沖縄料理はちょっとだけ」の予定が、お客の要望を取り入れているうちに、現在は本場そのままではなく「神戸の人に喜んでもらえる味を」と独自のアレンジを加えた"沖縄創作料理"が定番に。「海ぶどうなど特別な食材は別ですが、野菜なんかは新鮮でいいものがこっちにもたくさんある。沖縄産に固執する必要はないんです」。試行錯誤を繰り返し、さらにおいしいものを提供したい、ゴールはない、と語る中川さんご夫婦の真摯な姿勢が印象的でした。にこにことお話される奥さまの明るい接客と隣のお客さんとも話がはずんで友達になれそうな距離感、そしておいしい料理とお酒...。こんなお店がスタンダードであることが神戸のもつ街の魅力だと実感しつつ、満腹の幸せにひたった夏の夕暮れでした。

下処理に泡盛を使ったりと、さまざまな工夫が光るメニュー多数。沖縄系以外にも、馬刺し、鯨の刺身といった珍しいものからシメのお茶漬けまでいわゆる創作料理も揃います。また、沖縄サミットで出されたプレミア『カリー春雨』をはじめ厳選された泡盛が約30種(500円~)、こだわりの焼酎が約20種(600円~)のほか日本酒、ワインなどアルコールも充実。
注)メニューの入れ替わり等で品切れの際があります。ご了承下さい。

とりの手羽元やわらか煮 (\650)
泡盛と黒糖でコトコト8時間かけてやわらかく煮込んだ一品。見た目よりもあっさりまろやかな味でお酒もごはんもすすみます。骨からホロリとはずれる身の柔らかさの秘密は泡盛にあり。

Urara風ヒラヤーチー (\800~)
ヒラヤーチーとはいわば沖縄のお好み焼き。ニラの代わりに京ネギを使い、SPAM(ポークランチョンミート)を入れてボリュームを出したUrara風アレンジが効いています。ほかにタコやエビ入りもあり。タカノツメの辛みとポン酢がよく合います。

海人 うみんちゅ (\600)
沖縄の海のように鮮やかなブルーの、泡盛を使ったオリジナルカクテル。グレープフルーツの香りと酸味がアクセントに。アルコール度数のわりに口当たりがよく、飲みだしたらハマる!

    (写真をクリックすると拡大します)
078-251-0152
閉店もしくは移転しました。
-
-
http://www.dining-urara.com
阪急三宮駅西口より、北へ徒歩8分
08.10.20
店長からの一言
アンティーク家具やソファーを置いた店内は友達の家のリビング感覚でくつろげます。泡盛とオリジナルカクテルに合う沖縄創作料理とで、楽しいひとときを過ごしてください。
記者の一言
aco(05.06.22)
ヒラヤーチーはアツアツのパリパリ感が命だそうですが、撮影、取材とあっという間に15分ほどが経過。「あ~あ」とのため息がご主人、奥さまどちらからともなく聞こえてきました。すみません!ほんとはすぐにいただきたいんですが、さすがに写真を撮る前には食べられず......。お客として訪れた際には必ず、おしゃべりをやめてお料理をいただきます!
読者の一言

 


最新お店情報や、お得な情報満載の
「エキュイブメルマガ」登録受付中です。
メールアドレスを記入のうえ、「送信」を押してください