讃岐麺房 すずめ - さぬきめんぼう すずめ

078-251-1319 11:00~14:30(LO) / 17:00~20:00 土曜 神戸市中央区雲井通4丁目1-23 アスティ三宮 -
うどんは別腹
讃岐うどん紀行が年の恒例行事、またはおいしいうどんを前にすると、自動的に別腹が発動するという人に食べてほしいのが、讃岐麺房 すずめのうどん。元々うどん好きで、「神戸でうどんなら、ここでしょう」と連れて行ってもらった「すずめ」に触発されて香川うどん巡りを敢行して以来、ますますはまった。すずめのうどんには人を動かす力があるのだ。理屈じゃなくて感覚とパワー。そして、誰がなんといおうと美味しい。もちろん、その一杯に店主・村山さんの緻密で繊細な職人技が込められているのだけれど、その詳細にいたるまで知っているからうどんが美味しいのではなく、何を知らずとも目の前に出されたものを食べれば否応泣くなく美味なのだ。一番美味しいタイミングで運ばれてくるその一杯、携帯の着信音はそっちのけで食べたい。
季節ごとに調整する粉・塩水の配分、水の性質にゆで時間・・。そんな様々な条件をクリアして職人・村山さんの絶妙なさじ加減の上に成り立つ「讃岐麺房 すずめ」のうどん。「うどん作りが何より好きなので、どの工程も自分できちんとやりたい」「出来上がったうどんを食べているお客さんの顔を見るのが最高!」という村山さんは、生粋の職人なのですね。ご自身も6年の修行期間を過ごしたという、讃岐うどん本家本元・四国よりのお客様をして「美味い!」と言わしめるうどんを地元・神戸で打っていきたい。それが村山さんの願いです。
注)商品の入れ替わり等で品切れの際があります。ご了承下さい。
生醤油うどん (\500)
麺そのものの味を楽しみたい方には是非。生醤油としょうが・ねぎ、レモンをきゅっと絞ってさっぱりいただきます。
かけうどん (\280)
具はネギ・カツオ節・天かすと、いたってシンプルかつリーズナブルな定番メニュー。
おでん *セルフサービス (1個\100円)
大根・揚げ豆腐・こんにゃくなど、やはりおでんの定番具材が揃います。カラシか味噌をつけてどうぞ。取った個数を店員さんまでお知らせください。
    (写真をクリックすると拡大します)
078-251-1319
神戸市中央区雲井通4丁目1-23 アスティ三宮
11:00~14:30(LO) / 17:00~20:00
土曜
-
JR三ノ宮東口より、東へ徒歩約5分
-
店長からの一言
うどんはちょっとした気温や湿度の変化などにより、その仕上がりに差が出ます。お待ちになっていただく際は、風が店内に吹き込まぬよう、扉を閉めていただきますようお願いいたします。
記者の一言
apu(05.05.10)
風邪の時食べたいNO.1、小腹の空いた時食べたいNO.1、時間なくても美味しく食べたいNO.1・・・結局、美味しいうどんなら年中無休でいつでも食べたいのだな。ランチにはちょっと遠く、バタバタしてて1時間丸まるとれない時には、もうちょっと南西に寄って来てほしいなと思います。こう思ってる人は私だけじゃないはずです、きっと。でもゆとりのある時、今日はすずめだ!って時は、その道のりも穏やかで楽しいです。かまたま、ごちそうさまでした!
読者の一言
うどん シンゼンちゃんさん(07.09.20)
すずめに出会って、本当の「うどん」を食べることができた。感謝しています。
今まで食べていた饂飩って小麦粉を伸ばした単なる棒だと言うことがわかりました。
竜★馬さん(05.05.28)
去年、四国に行って初めて讃岐うどんを食べてはまってしまいました。三宮でもすずめさんで本場の四国の味・コシのうどんが食べれて本当に幸せです。
鹿間さん(05.05.26)
いつもザルうどんです。このコシの強さ、うまさはかなわん!!

最新お店情報や、お得な情報満載の
「エキュイブメルマガ」登録受付中です。
メールアドレスを記入のうえ、「送信」を押してください